麻生区 はるひ野 若葉台 稲城市 婦人科専門医 いばらきレディースクリニック

215-0036

川崎市麻生区はるひ野4-4-1

はるひ野メディカルヴィレッジ C棟2F

不妊症について

Ibaraki Ladies' Clinic

1)不妊症の原因と頻度

 不妊症とは、赤ちゃんを作ろうとしてから1年以上たっても妊娠しない状態のことです。原因は女性側のみ4割、男性側のみ2〜3割、両方が2〜3割です。原因不明のものも1割存在します。

 妊娠が成立するためには卵巣から卵子が飛び出し(排卵)、その卵子が卵管の中に飲み込まれ、そこで精子と出会い受精卵となり、受精卵が子宮の中まで運ばれて子宮の内膜の中にもぐり込むこと(着床)が必要です。一方、膣内に射精された精子が卵管まで泳ぎ着くためには、まず精子が子宮の口(頚管)の粘液中を遡上して子宮内に入り、さらに卵管までたどり着かねばなりません。精子の数が少ない、動きが悪い、質の悪い精子が多いといったことがあると受精にいたりません。こうした因子それぞれが不妊症の原因として重要です。

 

 不妊症の原因には様々なものが挙げられますが、頻度の高いものを3つあげると、女性側の排卵障害などの「内分泌因子」、卵管の閉塞や癒着などによる「卵管因子」、男性側の「造精機能障害」などです。筋腫や子宮奇形などの「子宮因子」、頚管粘液の異常などの「頚管因子」などがそれに次ぎます。その他、免疫学的な異常や、精子、卵子の受精機能の障害等などが原因となることもあります。

症状から考えられる婦人科疾患

避妊法について

不妊症について

4.帯下(おりもの)